SQLの窓

2008年10月30日

【VC++】イザという時の為の、COM的_bstr_tなショートカットとインターネットショートカットの作成

Microsoft のドキュメントに、インターネットショートカットの作成方法が
記述されていますし、ショートカットのアイコンの変更方法もあります。

しかし、非常に簡単にしか書かれておらず、ショートカット作成に関しては「これと同じようにしなさい」と言わんばかりではあります。

確かに、インターネットショートカットの作成方法が理解できるのであれば、
ショートカット作成は難しくありませんが、Shell Interfaces や COM Interfaces の
英文記述のマニュアルの場所を知っている必要があります。

で、サンプルをまとめてみました。


続きを読む
posted by at 2008-10-30 00:00 | C++ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月28日

【WEBFlex】ポップアップメニュー

コンテキストメニューと呼ばれるメニューをカスタマイズ可能です。
Flex2 では、アプリケーションの下にあるルートでしか持てなかったようですが、
Flex3 では、コントロール・コンテナ毎に持つ事ができます。
最大数は、Flex2 の場合と同じ 15 とマニュアルに書かれていますが、
通常、そんなに多くは必要無いでしょう。

AIR ではさらに拡張されて、WEB 上では配列としてアクセスしていますが、
通常のメニューに対するようなメソッドが追加されています。

上記画面では、場所場所によって違ったコンテキストメニューが表示されます。
Form に設定しているメニューは、Form が完全透過の場合、その場所では
Application のメニューが表示されます。

ボタンやラベルは何も設定していないので、Form に設定したものが表示されています。

【Flex】ポップアップメニュー




posted by at 2008-10-28 00:00 | AIR Flex( WEB Flex ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月27日

【VC++】WindowsShellプログラミング:デスクトップの情報をHTMLに書き出す

VBScript バージョンとほぼ同じ情報を取得します
※ 属性は面倒なので処理しませんでしたが、info tip の取得方法は解りませんでした

とにかく、Shell を C++ で処理すると面倒でやってられないです。
ですが、デスクトップに関してだけ言えばメリットがあるので整理しました。

通常、COM 経由で使用すると簡単なので Framework では 
COM をインポートして利用します。
( C++ からも、COM でアクセスしたほうが簡単かもしれません。)


posted by at 2008-10-27 00:00 | C++ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月26日

【VC++】GD2.0.34のコーディング(.NETコンパイラ対応)

VC6.0 時代に作ったコードを久しぶりに使ったら異常終了するので調べたら、
.NET のコンパイラでは、FILE * を使うな との事。
( そのかわり、/MT でも動作します )

とりあえず今後の為にサンプルを書きました。

「オリジナルドキュメントのまま」の部分は、ファイルサイズが解れば
どんな書き方でも構わないのですが、とりあえずそのままで。



posted by at 2008-10-26 01:28 | C++ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【VBS】デスクトップの情報を取得する

posted by at 2008-10-26 00:00 | VBScript | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月25日

【VC++】imgctl.dll1.22を使用してデスクトップをビットマップとして保存

昔々作った埋もれたコードが沢山あるので、
ちょっとしたバッチツールに使えるようにしました。

どうやれば実装できるか解っていても、
実際他人の dll を使おうとするとそれなりに時間を費やします。
そのへんのサンプルになれば良いと思うのですが。

imgctl.dll は、強力な機能が沢山あるので、
真剣にやりだすと大変なのでまずはこの程度です。


posted by at 2008-10-25 02:17 | C++ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月24日

【VB.NET】VB.NETで作成したdllをCOMとして登録してVBScriptやPHPから使用

VBScript や PHP のネックは、その言語で直接 Windows API を触れない。
というところに尽きますが、VB.NET を使ってサポートしてやると( つまり COM を作成 )
わりと簡単に目的を達成できます。

昔は、COM 作ろうと思うと、いろいろ問題あったんですが・・・
もう全く問題無いです。



続きを読む
posted by at 2008-10-24 00:00 | VB.net | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月23日

【VC++】FTPダウンロード

ソースコードのサンプルです。
ただ、ここでは一つの単純なダウンロードしかしていません。

何か大事な処理を実装したい場合は、ライブラリを無償でも有償でも手にいれたほうが良いです。
インターネットは、今でこそ安定していますが、

「偶然繋がっている」だけですから。



続きを読む
posted by at 2008-10-23 04:43 | C++ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月21日

【Flex】ユーザーコントロールで入力制限

イントラネットにおける業務処理は、ローカルで作成するよりはアバウトに作成する事が可能です。

元々、不安定な環境に構築するものですし、
エンドユーザがその事に対して理解があります。

また、不安定だからこそ、重要な業務に使う事は通常避けて設計されます。
ですから、あまり神経質になる必要はありませんが、この程度はやって当たり前です。



続きを読む
posted by at 2008-10-21 23:39 | Flex | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【VC++】HTTPダウンロード

HTTP を使用したダウンロードは、他にいくらでも方法があるので、
わざわざ C で書く必要はありませんが、
逆に言えばどうやってやるのか知らないで済ましてしまう可能性が高いです。

実装する必要は全くありませんが、自分用の簡易ツール程度は作ってみて
一度経験しておくと良いと思います。

でも、ソケットを直接使うのはやめましょうね。




続きを読む
posted by at 2008-10-21 00:00 | C++ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Seesaa の各ページの表示について
Seesaa の 記事がたまに全く表示されない場合があります。その場合は、設定> 詳細設定> ブログ設定 で 最新の情報に更新の『実行ボタン』で記事やアーカイブが最新にビルドされます。

Seesaa のページで、アーカイブとタグページは要注意です。タグページはコンテンツが全く無い状態になりますし、アーカイブページも歯抜けページはコンテンツが存在しないのにページが表示されてしまいます。

また、カテゴリページもそういう意味では完全ではありません。『カテゴリID-番号』というフォーマットで表示されるページですが、実際存在するより大きな番号でも表示されてしまいます。

※ インデックスページのみ、実際の記事数を超えたページを指定しても最後のページが表示されるようです

対処としては、このようなヘルプ的な情報を固定でページの最後に表示するようにするといいでしょう。具体的には、メインの記事コンテンツの下に『自由形式』を追加し、アーカイブとカテゴリページでのみ表示するように設定し、コンテンツを用意するといいと思います。


※ エキスパートモードで表示しています

アーカイブとカテゴリページはこのように簡単に設定できますが、タグページは HTML 設定を直接変更して、以下の『タグページでのみ表示される内容』の記述方法で設定する必要があります

<% if:page_name eq 'archive' -%>
アーカイブページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'category' -%>
カテゴリページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'tag' -%>
タグページでのみ表示される内容
<% /if %>
この記述は、以下の場所で使用します


Android SDK ポケットリファレンス
改訂版 Webデザイナーのための jQuery入門
今すぐ使えるかんたん ホームページ HTML&CSS入門
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX