SQLの窓

2008年07月31日

【Eclipse】Javaプロジェクト作成




手順画像並べただけですが、今日は、ユーザーコンポーネントを
カテゴリごとパレットに追加する為に、jar 変更していろいろテスト
してたんで、こんなもんしかありませんです。

なんか、ビミョーに挙動がおかしくなるのを、安定するまで繰り返し
再起動と eclipse.exe -clean.cmd を繰り返し。



なんとか、使えそうですが、まだちょっと変・・・・
( レイアウト変更で時々固まるんだけど、PC のせいかも )


詳細は後日。



  Ve_user_control



posted by at 2008-07-31 23:59 | Java | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月30日

Eclipse3.4Ganymede(PleiadesAllinOne)で速攻Java



Eclipse をまともに触るのは3年ぶりですが、このギョーカイ。
半年経ったら時代の変化がふつーに起きてますから、けっこうびっくり。

とにかく、解凍するだけで日本語化はできてるし、必要なプラグイン入ってるし、
周りの環境が劇的にレベルアップしてるし・・・


あんまりうれしくて、Swing なんざ後回しにして、DBViewer の動作確認ばっか
やってました。MySQL と Oracle と SQLServer 、全て特に問題なし。
↓MySQL
http://winofsql.jp/VA003334/javaSwing080730210052.htm

まあ、MySQL は、ダウンロードするのにサインアップさせられましたけど・・・
あと、sun.jdbc.odbc.JdbcOdbcDriver は、Java の コードからは動く
のだけれど、DBViewer からはうまくいかず、MDB の JDBC はフリー
でなさげ。

まあ、MDB と Excel は、自分の SQLの窓で問題無いのでいいけど。


以下は調査で保存しておいたリンク。
1) Oracle の 複数ある JDBC ドライバファイルの説明
2) SQLServer 2005 のドライバのダウンロード場所
3) sun のドライバサーチ


SQLServer(SQLExpress)側のサーバー の設定に関しては こちら を参照して下さい



Dbviewer_oracle_02


posted by at 2008-07-30 21:43 | Java | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月29日

【VB.NET】フォームにスキン画像




Skin_form


わりと簡単にできますね。
VC++ の時代とえらい違いです。



posted by at 2008-07-29 23:51 | VB.net | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月28日

【Windows+IE】WEBページを自分のPCの一部として使う


使う言語がいっぱいです。

1) HTML
2) JavaScript
3) PHP
4) VBScript

HTML( IE ) をベースとして、内部の JavaScript と PHP が通信するし、
PHP が VBScript を書いてダウンロードさせるし、ダウンロードされた
VBScript が再び PHP と通信して、セッション共有するし、

VBScript から JavaScript の URL エンコードメソツド呼び出して、
UTF-8 で送られた日本語を含むディレクトリを PHP でうけて SHIFT_JIS
に戻して、IE 上の JavaScript が HTTP 通信で SHIFT_JIS として読み込む。

IE 内での HTTP 通信は、コードが簡単になるので prototype.js 使ってます。

あ、そうそう。セッション ID 使ったファイルを .vbs で作ってるので、
main.php にアクセスするたびに5分前のファイルを削除しています。

ローカルから PHP のセッションにアクセスする為に、PHP 側では通常のクッキー
の使用をキャンセルして、URL のセッション ID によってセッション継続。
( 送信用のドメイン取得するのに、IE 内の location オブジェクトの力も借りてます。)








posted by at 2008-07-28 19:55 | IE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月27日

【Flex3&AIR】開発環境サンプル



フリーのIDE もあるんですけど、今はまだ使えるものではありません。
また、それぞれについていろいろ解説もあるのですが、
( 例えば、パッケージ作成に必要な p12 ファイル作成(ADT)が、Windows2000 でうまくいかねぇ )
今は、時期的に先が見えないので最短距離で納得しておくべきでしょう。



↓Readme.txt
Main.htm		実行用 HTML
		( ファイルシステムで実行する場合は、trust.wsf を実行しておく )

build.wsf		WEB 用ビルド用コマンドプロンプトを開く
		( 環境によって、5行目の C:\flex3\bin を変更する )

	↓ビルド用コマンドライン( ビルド用コマンドプロンプトの中で実行 )
	mxmlc Main.mxml -library-path+=debug.swc


debug.swc		ログ表示用ライブラリ

Main.mxml		メインソース
dialog.mxml	ポップアップ部分のソース

Main.swf		実行ファイル

trust.wsf		本来 HTTP 経由で実行するのを、ローカルでも可能とする為
		のファイルを作成するスクリプト

Mainw.mxml	air 用メインソース

app.xml		air 実行用のファイル

air_build.bat	air 用のファイル(Mainw.mxml)で、air 用の swf を作成

air_start.bat	air のデバッグ実行
		コンソールのプロパティで、フォントを MS ゴシックにして
		chcp 65001 を実行すると、日本語が化けません

	open_mmcfg.wsf で開いたファイルに以下を書き込むと、open_mmcfglog.wsf
	で開くファイルにログが書き込まれます( trace( "文字列" ) で実行された結果 )
	TraceOutputFileEnable=1
	( この場合、コンソールにはログは表示されなくなります )

DIALOG_POPUP.air	air インストーラ( ランタイムが必要です )

readme.txt	このファイル




↓p12 ファイル作成( Windows XP で実行する必要有り )
adt -certificate -cn SelfSigned 1024-RSA ファイル名.p12 パスワード
( 例 : adt -certificate -cn SelfSigned 1024-RSA air.p12 1234567890 )

その後以下を実行する
adt -package -storetype pkcs12 -keystore air.p12 -storepass 1234567890
 DIALOG_POPUP.air app.xml Mainw.swf

posted by at 2008-07-27 21:25 | AIR Flex( WEB Flex ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月26日

【少しづつOracle】オンラインでCSVを出力する


※ Windows + IE のみです




自分が管理するサイトは、自分のPC の一部です。
少しでも作業にかかる時間を少なくするには、利用しない手はありません。

また、こういう時こそ、コンパイルの必要無いスクリプトの出番であり、
VBScript をバカにしてはいけません。






posted by at 2008-07-26 15:16 | DB関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月24日

WMIによるプロセスの監視

WMI は、Windows Management Instrumentation ですが、
非常に何でもできます。
しかし、解りにくい。

以下のサンプルは、それを理解する為のあしがかりになると思います。
とにかく、どんなオブジェクト? 何それ?
と、常にインターフェイスを気にして、MSDN ライブラリをローカル
で調べれば、少しワクワクして来る事でしょう。



1) VBSCript(同期メソッド)の場合
実行したら、他はなにもしないプロセスとなります。
他の処理を追加する場合は、ループ内で定期的に行う事になります
ループ処理の為、処理終了には工夫が必要です

2) VBSCript(非同期メソッド)の場合
他の処理を追加する場合は、イベント処理の追加となります
イベントで待つのでループ処理は必要無く、MsgBox で待ち、
MsgBox を終わらせると終わります。

3) VB.NET(同期メソッド)の場合
Windows アプリケーションなので、他の処理を行う必要が
あるので、スレッドを使って処理しています。
スレッドを使う場合は、終了方法等いろいろ必要な知識が必要です

4) VB.NET(非同期メソッド)の場合
イベント処理がそもそも別スレッド処理なので、
自分でコントロールする必要が無く、非常にスマートなコード
になります。ただ、GUI を処理する場合は 3) と同じです。


 

posted by at 2008-07-24 17:59 | VBScript | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月23日

【少しづつOracle】PL/SQLで表定義のSQLを取得



PL/SQL でエクスポート・インポート・定義SQL の取得を実行できますが、
インポートにかかわる処理は、IMP_FULL_DATABASE ロール が必要になります。
コマンドプロンプトから実行する場合は、SYSTEM で実行すれば良いのですが、
PL/SQL の場合は、接続は通常そのスキーマユーザーです。
その場合で運用するならば、権限をSYSTEM で付与する必要があります




 

posted by at 2008-07-23 16:35 | DB関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月22日

【VBS】ローカルグループ毎のアカウントの一覧



小ネタですが、ORA_DBA に所属するユーザを知る事ができます。
ま、グループの一覧と、それぞれに属しているユーザ全てが取得できるので、
何らかの目的には使えるでしょう。





posted by at 2008-07-22 20:58 | VBScript | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月21日

【Flex3】ローカルMySQLへのアクセス(assql)



テストは WEB ベースで行いましたが、AIR 用です。
WEB で サーバー側の DB にアクセスするには、
HTTP で通信して、PHP 等を呼び出し、サーバーサイドで
更新する必要があります。

しかし、誰かがやっぱり作ってるのだなぁ・・・
と、いまさらながらに思いました。



posted by at 2008-07-21 04:59 | Flex | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Seesaa の各ページの表示について
Seesaa の 記事がたまに全く表示されない場合があります。その場合は、設定> 詳細設定> ブログ設定 で 最新の情報に更新の『実行ボタン』で記事やアーカイブが最新にビルドされます。

Seesaa のページで、アーカイブとタグページは要注意です。タグページはコンテンツが全く無い状態になりますし、アーカイブページも歯抜けページはコンテンツが存在しないのにページが表示されてしまいます。

また、カテゴリページもそういう意味では完全ではありません。『カテゴリID-番号』というフォーマットで表示されるページですが、実際存在するより大きな番号でも表示されてしまいます。

※ インデックスページのみ、実際の記事数を超えたページを指定しても最後のページが表示されるようです

対処としては、このようなヘルプ的な情報を固定でページの最後に表示するようにするといいでしょう。具体的には、メインの記事コンテンツの下に『自由形式』を追加し、アーカイブとカテゴリページでのみ表示するように設定し、コンテンツを用意するといいと思います。


※ エキスパートモードで表示しています

アーカイブとカテゴリページはこのように簡単に設定できますが、タグページは HTML 設定を直接変更して、以下の『タグページでのみ表示される内容』の記述方法で設定する必要があります

<% if:page_name eq 'archive' -%>
アーカイブページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'category' -%>
カテゴリページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'tag' -%>
タグページでのみ表示される内容
<% /if %>
この記述は、以下の場所で使用します


Android SDK ポケットリファレンス
改訂版 Webデザイナーのための jQuery入門
今すぐ使えるかんたん ホームページ HTML&CSS入門
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX