SQLの窓 イラストAC フリー素材

2008年03月06日

【PHP】javascriptとして埋め込むテキストアクセスカウンター


http://winofsql.jp/php/codeget/php_getter.php?id=7656

MDBのコードパッケージができたので、
DB使ったアクセスカウンタです。

信頼リストに自分が使う URL の先頭文字列を載せる事により、
他からは利用できません。

id に指定した文字列が未登録の場合は
自動的にレコードが作成されます。

( ※MySQL への変更も容易です )





次は、GDとフォント使って、
画像として埋め込みのを作成します

posted by at 2008-03-06 16:22 | PHP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月04日

windows(php5)Excelをアップロードcomでexcelを読むcomでMDBに更新

わけの解らないタイトルですが、
要するにこういう事です。

WEBサーバーが Windows で稼動している場合、
COM 経由で ADO を使い、Excel や MDB は
データーベースとして扱えます。

1) PHP のアップロード機能で Excel プックをアップロード
2) そのまま PHP で、Excel のセルに DB の列としてアクセス
3) 取得したデータを MDB へ更新

3) は MDB である必要はありませんが、コードパッケージ
にする為にそうしました。実際は、Oracle や SQLServer に
対して行う事になるでしょう。


いずれにせよ、イントラネットですね。
PHP の動く レンタル Windows サーバーって知りませんし。

ただ、http://cervi.jp/ 使えば、ASP やら ASP.NET で書けます。
ASP の場合、basp21 標準で実装されているので、アップロードもできます。
でも、やはり外部で Excel アップロードなんてしないなぁ・・・



http://winofsql.jp/php/codeget/php_getter.php?id=7637

 

posted by at 2008-03-04 20:23 | PHP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【PHP】汎用ダウンロードコード

<A href="aaa.htm">ダウンロード</A> のように、アンカーに指定した
ファイルで、拡張子によって動作が決められている場合でも、ダウンロード
する為の PHP コード

↓こんなかんじ
<A href="download.php?target=..%2F..%2F..%2Fdownload%2Fphp.ini">php.iniをダウンロード</A>



http://winofsql.jp/php/codeget/php_getter.php?id=7632


.php や .cgi などは、ソースのままダウンロードされても困るので除外するようには
していますが、コードを配置するユーザの都合です。
パスさえ解っておれば、ダウンロードできてしまうので注意です。

ただ、おもしろいのは、httpから指定すると、他のサーバからも
ダウンロードできてしまうところ。この場合はファイルサイズが
解らないので( 厳密には解るが、そこまでする必要も無い )
ダウンロード時にプログレスバーが出ません。




posted by at 2008-03-04 20:03 | PHP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PEARでグラフ画像と内部事情



http://winofsql.jp/php/codeget/php_getter.php?id=7634


コードパッケージを整備するにあたって、内部コードにいろいろありました。

そもそも、円グラフの凡例の出ないバグの対処方法をひさびさに調査して
みつけて、(http://pear.php.net/bugs/bug.php?id=8055)
あらためてコードを整備。

すると、以下のような内容も。

Canvas.php で ブラウザのキャッシュを無効にする為に HTTP ヘッダ
をいくつか設定しています

header('Expires: Tue, 2 Jul 1974 17:41:00 GMT'); // Date in the past
header('Last-Modified: '.gmdate('D, d M Y H:i:s').' GMT'); // always modified
header('Cache-Control: no-cache, must-revalidate'); // HTTP/1.1
header('Pragma: no-cache');

3つめの設定では、IE6で 右クリックで画像保存しようとすると、
BMP で「無題」となりました。必ずしも良い設定ではありません。

後、実際の実行に支障無いようですが、
HTTP ヘッダの記述がおかしい。

'...; filename = \"'. basename($_SERVER['PHP_SELF'], '.php') . '.png\"'

と、シングルクオートの中で、エスケープ書いてまして、
そのまま HTTP ヘッダに送られます。
( PNG.php と JPG.php )



ま、小ネタですけど。





posted by at 2008-03-04 11:22 | PHP+Pear | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Seesaa の各ページの表示について
Seesaa の 記事がたまに全く表示されない場合があります。その場合は、設定> 詳細設定> ブログ設定 で 最新の情報に更新の『実行ボタン』で記事やアーカイブが最新にビルドされます。

Seesaa のページで、アーカイブとタグページは要注意です。タグページはコンテンツが全く無い状態になりますし、アーカイブページも歯抜けページはコンテンツが存在しないのにページが表示されてしまいます。

また、カテゴリページもそういう意味では完全ではありません。『カテゴリID-番号』というフォーマットで表示されるページですが、実際存在するより大きな番号でも表示されてしまいます。

※ インデックスページのみ、実際の記事数を超えたページを指定しても最後のページが表示されるようです

対処としては、このようなヘルプ的な情報を固定でページの最後に表示するようにするといいでしょう。具体的には、メインの記事コンテンツの下に『自由形式』を追加し、アーカイブとカテゴリページでのみ表示するように設定し、コンテンツを用意するといいと思います。


※ エキスパートモードで表示しています

アーカイブとカテゴリページはこのように簡単に設定できますが、タグページは HTML 設定を直接変更して、以下の『タグページでのみ表示される内容』の記述方法で設定する必要があります

<% if:page_name eq 'archive' -%>
アーカイブページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'category' -%>
カテゴリページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'tag' -%>
タグページでのみ表示される内容
<% /if %>
この記述は、以下の場所で使用します


Android SDK ポケットリファレンス
改訂版 Webデザイナーのための jQuery入門
今すぐ使えるかんたん ホームページ HTML&CSS入門
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX