SQLの窓 イラストAC フリー素材

2007年01月21日

コマンドプロンプトのカラム数変更

とりあえず、コマンドプロンプトで、以下のように実行してみて下さい
mode con:cols=120
※ mode /? で引数の説明
C:\Users\lightbox>mode /?
システム デバイスを設定します。

シリアル ポート:   MODE COMm[:] [BAUD=b] [PARITY=p] [DATA=d] [STOP=s]
                                [to=on|off] [xon=on|off] [odsr=on|off]
                                [octs=on|off] [dtr=on|off|hs]
                                [rts=on|off|hs|tg] [idsr=on|off]

デバイス状態:      MODE [デバイス] [/STATUS]

リダイレクト印刷:  MODE LPTn[:]=COMm[:]

コード ページ選択: MODE CON[:] CP SELECT=yyy

コード ページ状態: MODE CON[:] CP [/STATUS]

表示モード:        MODE CON[:] [COLS=c] [LINES=n]

キーボード速度:    MODE CON[:] [RATE=r DELAY=d]
posted by at 2007-01-21 20:48 | コマンドプロンプト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月18日

コマンドプロンプトでのネットワークドライブの割り当て

net use z: \\マシン名\共有名 パスワード /USER:ワークグループ\ユーザ名

処理( 例えば cscript.exe xxxxxxxx.wsf )

net use z: /DELETE



posted by at 2007-01-18 20:38 | コマンドプロンプト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月11日

nifty lacoocan MySQL4 SQLテスト

strong>http://lightbox.on.coocan.jp/php/mysqladmin/frame.htm



更新系の SQL は実行できません。
( lacoocan の php 情報も表示できます )
	print "PHP version : " . phpversion() . "<br>";
	print "include_path : " . get_include_path() . "<br>";
	print "get_magic_quotes : " . get_magic_quotes_gpc . "<br>";

	print "<HR>";
	print "<b style='font-size:24;font-weight:bold'>Loaded_extensions</b><br>";

	$target = get_loaded_extensions();
	foreach( $target as $Key => $Value ) {
		print "$Key => $Value<br>";
	}

	print "<HR>";
	print "<b style='font-size:24;font-weight:bold'>\$_SERVER</b><br>";

	foreach( $_SERVER as $Key => $Value ) {
		print "$Key => $Value<br>";
	}

	print "<HR>";
	print "<b style='font-size:24;font-weight:bold'>\$_ENV</b><br>";

	foreach( $_ENV as $Key => $Value ) {
		print "$Key => $Value<br>";
	}

	print "<HR>";
	print "<b style='font-size:24;font-weight:bold'>ini_get_all</b><br>";
	print "<PRE>";
	$inis = ini_get_all();
	print_r($inis);
	print "</PRE>";




posted by at 2007-01-11 00:00 | DB関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月08日

フリーフォントで簡単ロゴ作成

posted by at 2007-01-08 22:59 | フリーフォントで簡単ロゴ作成 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月07日

HTMLをJavaScriptのdocument.writeに変換

Documentwrite

要するに。

ロード時の document.write で処理されるスクリプト

という事です。

HTML で書かれたものは、ブラウザがその通りに解析して、その通りに表示されますが、
ページがロードされる時に実行される、document.write が出力する文字列は、その場所に
文字列として書き込まれます。そして、書き込まれた直後に解析されて、それが HTML
であれば、ブラウザはすぐさまさの通りに表示するわけです。

つまり以下のようなスクリプトが可能になります。


<script type="text/javascript">
<!--
str="";
str+="<script type=\"text/javascript\"> \n";
str+="alert(\"ロード時の document.write で処理されるスクリプト\"); \n";
str+="</script> \n";
document.write(str);
-->
</script>
回りくどいように見えますが、Google の API ローダーや
世間の広告コンテンツはほとんどこんな感じだと思います。

ただ、その書き込むための文字列を人間が作るのはとても無理があるので、
WEBアプリで作られたサービスでどうぞ・・・・という訳です。


上のテキストエリアに書いた文字列を JavaScript 用の文字列に変換するには、
「JavaScript」ボタンをクリックします。かなり長い間運用していますが、殆ど
失敗した記憶がありませんので、信頼性は高いです。



posted by at 2007-01-07 23:58 | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

画像をテキストで表現する


00101010111001011010111110011000000010010110010111
01010101101001110010101100001010110101000100000110
00000011011101011110011111101100000101100011001001
00100110101100011010110011100111011111111100001011
00011101001110000110010111110100011001110000001010
00110001010010101001000011111000101110001111011110
01100000001010100100110000110001001010100101011110
11101010101101101100100001001111001011100010011000
10101100111001010010101100100010101110000111111000
00011100011010100000010001111101001101011011111101
01100100111111001101001010000001110010011100011011
00000111000000110001010100100100111010011010011110
00001001111001101110101110100110100000111101110011
10001011000000111011111100101100111101100100100000
00100100011100101010110101011010011110001000001101
00101011110010111000111110110101110101110010000111
01011111000111101110110001000011010110111110011111
00101010011100111000000101110101010001111100011010
11010101010111111100001010000010010011110100011010
11011100100001011100111101000000101001111011110100
01111000010101111000010000011111111010010001010001
11110101111000001111100001010001001000011101001001
11001110010111011111101101110000011110100010111001
00010111111000111110001001111101000001111110010101


これだとなんだか良くわかりませんが、
解る程度にしようとすると、テキスト量がハンパじゃ無いので。

http://www.text-image.com/convert/


↓もっと解りやすいサンプル
http://lightbox.on.coocan.jp/html/image_text.htm




posted by at 2007-01-07 11:26 | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月05日

.htaccessEditor(オンラインサービス)

http://www.htaccesseditor.com/

WEB 上で .htaccess をテキストとして提供するサービスですが、
ベーシック認証の.htpasswd の内容を作成してくれたり、
そのほかにもいろいろあります。

GUI はけっこう凝ってます。


posted by at 2007-01-05 00:00 | WEBサービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月02日

dojo,theJavascriptToolkitのドロップダウンカレンダーコントロール

↓サンプルはこちら
http://lightbox.on.coocan.jp/dojo/datePicker.php

何故か、最初から日本語で曜日が表示されます(よくできてます)。


ライブラリがでかくて、これ用だけ取り出すのは無理です。
また、オリジナルダウンロードして使うのもやっかいなので、以下にまとめました。
http://lightbox.on.coocan.jp/download/dojo.lzh

修正BSDライセンスなんで。


posted by at 2007-01-02 04:51 | JavaScript | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Seesaa の各ページの表示について
Seesaa の 記事がたまに全く表示されない場合があります。その場合は、設定> 詳細設定> ブログ設定 で 最新の情報に更新の『実行ボタン』で記事やアーカイブが最新にビルドされます。

Seesaa のページで、アーカイブとタグページは要注意です。タグページはコンテンツが全く無い状態になりますし、アーカイブページも歯抜けページはコンテンツが存在しないのにページが表示されてしまいます。

また、カテゴリページもそういう意味では完全ではありません。『カテゴリID-番号』というフォーマットで表示されるページですが、実際存在するより大きな番号でも表示されてしまいます。

※ インデックスページのみ、実際の記事数を超えたページを指定しても最後のページが表示されるようです

対処としては、このようなヘルプ的な情報を固定でページの最後に表示するようにするといいでしょう。具体的には、メインの記事コンテンツの下に『自由形式』を追加し、アーカイブとカテゴリページでのみ表示するように設定し、コンテンツを用意するといいと思います。


※ エキスパートモードで表示しています

アーカイブとカテゴリページはこのように簡単に設定できますが、タグページは HTML 設定を直接変更して、以下の『タグページでのみ表示される内容』の記述方法で設定する必要があります

<% if:page_name eq 'archive' -%>
アーカイブページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'category' -%>
カテゴリページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'tag' -%>
タグページでのみ表示される内容
<% /if %>
この記述は、以下の場所で使用します


Android SDK ポケットリファレンス
改訂版 Webデザイナーのための jQuery入門
今すぐ使えるかんたん ホームページ HTML&CSS入門
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX