SQLの窓 イラストAC フリー素材

2018年01月14日

VBScript : ディレクトリ内のディレクトリで使用している容量一覧

▼ このように実行されます(Windows10 での例です)
Microsoft (R) Windows Script Host Version 5.812
Copyright (C) Microsoft Corporation. All rights reserved.

D:\GIMPPortable

          6.766 M : 509620891
        179.393 M : App
        711.864 M : Data
          0.441 M : footprint
          0.039 M : gimp_effects_scripts
         11.003 M : IM00015850-01_RonsApocalypse
          0.040 M : Other
          8.061 M : photoshop

        917.609 M : 表示合計
        922.714 M : D:\GIMPPortable のサイズ
          5.104 M : D:\GIMPPortable 下のファイル

続行するには何かキーを押してください . . .
' ************************************************
' 除外フォルダ名を スペースで区切って並べる
' (簡易的な除外)
' ************************************************
Dim Exclude
Exclude = ".gem"
Exclude = Lcase(Exclude)

' ************************************************
' 管理者権限で実行用
' ************************************************
Set Shell = CreateObject( "Shell.Application" )

' ************************************************
' 管理者権限で再実行
' ************************************************
if Wscript.Arguments.Count = 0 then
	Shell.ShellExecute "cmd.exe", "/c cscript.exe " & Dd(WScript.ScriptFullName) & " next" & " & pause", "", "runas", 1
	Wscript.Quit
end if

' ************************************************
' 処理用
' ************************************************
Set WshShell = CreateObject( "WScript.Shell" )
Set Fso = CreateObject( "Scripting.FileSystemObject" )

Dim target

' ************************************************
' 対象ディレクトリ
' ************************************************
target = SelectDir( "対象フォルダを選択して下さい" )
if target = "" then
	Wscript.Quit
end if

Wscript.Echo target
Wscript.Echo

' ************************************************
' フォルダオブジェクト取得
' ************************************************
Set objFolder =  Fso.GetFolder(target)

' ************************************************
' サブフォルダコレクション取得
' ************************************************
Set colSubFolder =  objFolder.SubFolders

' ************************************************
' 一覧
' ************************************************
Dim TargetSize : TargetSize = 0
For Each obj in colSubFolder

	Do While true

		if InStr(Exclude,Lcase(obj.Name)) > 0 then
			Exit Do
		end if

		on error resume next
		Wscript.Echo Lpad(FormatNumber((Fix(obj.Size / 1024) / 1024),3)," ", 15) & " M : " & obj.Name
		if Err.Number <> 0 then
			Wscript.Echo "                  ( " & obj.Name & " : 処理できません )"
		else
			TargetSize = TargetSize + obj.Size
		end if
		on error goto 0


		Exit Do
	Loop


Next

Wscript.Echo

Dim AllSize
Dim er : er = 0
on error resume next
AllSize = objFolder.Size
if Err.Number <> 0 then
	er = 1
	AllSize	= TargetSize
end if
on error goto 0


Wscript.Echo Lpad(FormatNumber((Fix(TargetSize / 1024) / 1024),3)," ", 15) & " M : " & "表示合計"

if er = 1 then
	Wscript.Echo "                  ( " & target & " のサイズは取得できませんでした )"
else
	Wscript.Echo Lpad(FormatNumber((Fix(AllSize / 1024) / 1024),3)," ", 15) & " M : " & target & " のサイズ"
end if

Dim fsize : fsize = 0
For Each file in objFolder.files
	fsize = fsize + file.size
Next
Wscript.Echo Lpad(FormatNumber((Fix((fsize) / 1024) / 1024),3)," ", 15) & " M : " & target & " 下のファイル"

Wscript.Echo

' ************************************************
' ディレクトリ選択
' ************************************************
Function SelectDir( strTitle )

	Dim obj

	Set obj = Shell.BrowseForFolder( 0, strTitle, &H4B, 0 )
	if obj is nothing then
		SelectDir = ""
		Exit Function
	end if
	if not obj.Self.IsFileSystem then
		ErrorMessage = "ファイルシステムではありません"
		SelectDir = ""
		Exit Function
	end if

	SelectDir = obj.Self.Path

End Function

' ************************************************
' ダブルクォートで囲む
' ************************************************
Function Dd( strValue )

	Dd = """" & strValue & """"

End function

' ************************************************
' 指定数、指定文字列左側を埋める
' ************************************************
Function Lpad( strValue, str, nLen )

	Lpad = Right( String(nLen,str) & strValue, nLen )

End Function

Windows の都合で読み込めないフォルダむはメッセージを表示して読み飛ばしています。その場合、合計に反映されないので注意して下さい。また、その場合は対象としたフォルダに対するサイズも取得に失敗すねので、表示合計のみの表示となります


【VBScriptの最新記事】
posted by at 2018-01-14 03:23 | VBScript | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月20日

Creators Update 後の Windows10 のコマンドプロンプト(管理者)

コマンドプロンプトが Windows PowerShell に変更されています。設定で元に戻せますが、このままでもコマンドプロンプトでの処理は可能です。



いったん PowerShell のウインドウを開いて、プロンプトから cmd と入力します。



ウインドウは青いままで、勝手が違いますがコマンドプロンプトとして動作します。PowerShell に戻るには、exit と入力します。

それでも黒いコマンドプロンプトが欲しい場合は、検索フィールドに cmd と入力して実行します。管理者として実行したい場合は、CTRL+SHIFT+ENTER で実行します。



余談ですが、PowerShell はスクリプトで .NET フレームワークを直接使えますが、とても難解です。alias で簡単な入力(従来のコマンドプロンプトや Linux のコマンド)が使えるので、プログラムの実行やコピーぐらいなら問題ありませんが、いったん cmd として切り替えたほうが無難です。




posted by at 2017-12-20 17:02 | Comment(0) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月19日

Google Chrome で PDF を表示してテキストがコピーできない場合は、プレビューからテキストをコピーする



タイトルまんまです。

最近結構遭遇してて、Firefox でコピーしてたんですが、なんかオプションでもあるのかなぁと思って調べたら、PDF そのものに保護がかかってるとの事で、再度 PDF で保存するんだ!! みたいな記事がいっぱいあったんですが、なんか気にいらなかったのでいろいろやってたら、なんだ、できるじゃないか...

というお話。





タグ:PDF CHROME
posted by at 2017-12-19 20:35 | Comment(0) | Google Chrome | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月18日

DAZ3D : 100%オフ : Z Snowey - Snowman

使う気になるのは年に一度きりかもしれませんが、タダなのでダウンロードしました。

Z Snowey - Snowman and Poses for Genesis 3 & 8 Female


ですが、さすがにこのままでは芸が無いので、雪降らして Snowman 自体にも雪積もらせてレンダリングしてみました。



これは今からイラストAC にアップします。

アップしました


イラストAC よりフリーダウンロード




posted by at 2017-12-18 21:29 | Comment(0) | DAZ3D プロダクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月17日

自己責任ですが、DAZ3D のインストールマネージャがダウンロードした zip ファイルは消すとドライブが助かる。

一応調べて、フォーラムでは『消しても問題無い』と書いてあって、プログラマとして論理的に考えても必要無いと思われるので削除しました。
( メインは場所の移動方法ですが、最後に問題無いとの意見 )

C:\Users\Public\Documents\DAZ 3D\InstallManager\Downloads

25G くらい助かった。(かなり買ってるな...)

場所は、インストールマネージャの右上の設定から ダウンロードタブで確認できます。

ちなみに、その経緯でバグ発見。

メイン画面の真ん中のタブ(まだインストールできていないタブ)の下のほうに、『インストールしたら消す』みたいなチェックボックスあるけど、動作しない上にチェックしてると終了時に異常終了のダイアログ出る。( 相変わらずなクオリティ... )


(エントリ残ってるのも最近のバグ。インストールできてるのに何故かここにある)

そもそも、DAZ3D からダウンロードできるし、なんで zip ファイル置いておくのか謎。


posted by at 2017-12-17 22:58 | Comment(0) | DAZ3D | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月16日

DAZ3D の Blue Planet - Orbital View をベースに GIMP で少しアレンジした壁紙『静かなる青い地球』をイラストAC からフリーダウンロード

 
イラストAC よりダウンロード / 静かなる青い地球

※ イラストACのサイズは、1600x1200 あります

このプロダクト(Blue Planet - Orbital View)はとても良くできているのですが、Iray では無く 3Delight でレンダリングする必要があります。なので、明暗を強調したほうが美しくなる傾向があります。

ただ、GIMP でレタッチする場合、地球と宇宙との境界のグラデーションへの影響が大きいので、二つに分けて2セットレンダリングしてレタッチ効果を別々に出して合成します。

プロダクトに付属している背景の宇宙はイマイチ解像度が悪いので、自前で作成しています。





posted by at 2017-12-16 14:01 | Comment(0) | 壁紙:イラストAC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Android SDK ポケットリファレンス
改訂版 Webデザイナーのための jQuery入門
今すぐ使えるかんたん ホームページ HTML&CSS入門
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX